瀟洒、典雅

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

発信の頻度

やっぱり、辛かったり、すごく好きな人がいたりすると何もしなくても勝手に詩がうまれるし、世界に伝えたいこともどんどん溢れ出てくる。 でも、心を動かさず、地味に辛い日々が続くと発汗したいことなんてなくなってくる。 どうしたら、自分を楽しませて、…

嫉妬と羨望について

しっと 【嫉妬】 《名・ス他》 やきもち。 他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。 「兄弟分の出世に―する」 自分の愛する者の愛情が他に向くのを恨み憎むこと。 「愛人が妻に―する」 せんぼう 【羨望】 《名・ス他…

3つ以上のコミュニティに属するようになって変わったこと

改めて考えてみると、今5つくらいのコミュニティに属している。 仕事とか家族も含めて。 少し前、仕事と家の往復だった日々に比べるとすごく良くなったと思う。 まず、一個で何かうまくいかないことがあっても、自分を肯定できるようになった。 生き辛いとき…

1,000円払って手に入れたもの

何かにお金を出すときは、基本的にそれ以上の対価を受け取りたいと思っている。 対価の基準は、 ■どれだけ話のネタになるか ■自分を「どのくらいの期間」「どのくらい」楽しませることができるか ■どれだけ新しいか といったものである。 自分の感受性等の問…

さいきん

初めてその人と会ったときのことは、何も覚えていない。声が綺麗で、堂々とした人だなと思っただけだった。2度目にその人に会ったとき、なんと私の事をちゃんと覚えていてくれて少しだけ話した。その後、ちょっと離れた所にいたその人とたまたま目が合って、…

息苦しいと思うこと・嬉しいと思うこと

・息苦しいと思うこと 色々な人とコミュニケーション取れないこと 忙しくてご飯が食べられない 自分の無力さを思い知らされ続ける 自分の存在意義が分からない 否定され続ける 日常に面白いと思うことがない 尊敬できない人と一緒にいる 興味がないことをず…

気付いたこと

気付いた。 自分の知覚できている情報の少なさと、認識できている世界の狭さに。 人と会ったり、何かを企画したり、インプットをしたり盛んにしているけれど私は今までその情報のほんの一部しか吸収できていなかったのだと思う。 全部こぼさず吸収できるよう…

最近気付いたこと

雑感。 私も矢面に立って戦いたいなあと思う。 色々やってみて、社内で考えるだけじゃ、分からないことが多すぎると思った。 何事も、実際に現場に行ってみて、自分でやってみて体感してみなくちゃ分からないと思った。 だから、初めて触れるものや、知らな…

どこでも、どんな場所でも私としてやっていくために

そのためにどうすれば良いのだろうか。 思考力を鍛える。 世の中には知らない事がごまんとあるけれど、思考力のベースを身に付けてどんな事柄に対してもぐっと考えられるようになりたい。 そして、出来るならアートの観点を身に付けて、色んな事柄をアートの…

停滞している時期

アドラーが、世の中の悩みはすべからく人間関係の悩みであると言っていた。 一時期これを否定していたけれど、今はこれは真であると思う。 どこまでいってもそうだ。 誰かに認められたい、誰かの役に立ちたい、誰かに好かれたい、誰かに嫌われたくない。 そ…

対価

金というのは、つくづく依頼側の求めるレベルを定量化したものだと思う。 いま、無償でやっている仕事があるのだけど どうしたって有償の仕事の方を優先してしまう。 無償の仕事も本気でやりたい気持ちはあるし、依頼主の役に立ちたいと思っているし、いるは…

ブルー

私は、たった一人で世の中を渡り歩いて行かなくてはいけないのだと気付いてしまった。 家族も、友達も、仕事も、永遠じゃない。 友達や仕事なんて、私自らバイバイした。 自ら突き放したのに、とても寂しい。 何も確かなものなんてないのだ。 永遠に続く人間…

なぜ日本ではアートが一般消費に乗らないのか

芸術品? 絵画とか、彫刻とかそういうやつ。 部屋が狭くて飾る場所がないから? アートに心を動かす時間的な余裕がないから? テレビドラマとか映画とか、そういう、分かりやすく受動的に消費しやすいものしか売れない? 敷居が高い? 家でアートを楽しむ時…

影響

母が保育士をやっていた頃、移動のたびに色紙をもらっているのをみて、いいなあ、人に感謝される仕事ってすてきだなあと思っていた。 母は、友達がとても多い。 優しくて、楽しいから多くの人に好かれるのだと思う。 そんな母みたいなひとになりたいと思う。

思ったこと

応援したいなあと思っている人やチームがいることは幸せだ。 私が成功すれば、彼らにも還元できるという思考。

しあわせのねだん

角田光代のしあわせのねだんというエッセイを読んだのだけれど、とても良かった。 お金を使うって、しあわせを得ることなのだ。 印象に残った買い物について、残しておきたい。 ベージュのセーター@ヤフーショッピングのどっかのストア 2,000円くらい 中二だ…

マンションの12階と鉄の塔

最近、スカイツリーが間近に見える街の14階建のマンションの12階に引っ越した。 日常的に大きな塔が見えるというのは、とても良い。穏やかな気持ちで居られる気がする。 あと、前の家が駅徒歩2分だったのに比べて、今度の家は駅徒歩20分なのも生活に良い影響…

はたらくうえでの自由について

はたらく上での自由、例えばリモートワーク可能とか、フレックス制とか裁量労働だとか、それらは個人が己を律することができて初めて成り立つのだと思う。 中途半端な精神では自由もクソもない。 自由を得るためには何が必要なのかを考えなくてはいけない。

周りの人のいいところ

この人ほんと、1言ったら10理解してくれるし、 なんなら言ってないことまで読んでくれるし、良い感じにいじってくれるし、 いつも話が端的でわかりやすいし、 なんかみんなでやるときは力強く引っ張ってくれるし、スマートさと情熱が同居してるし、 体育会系…

忘れる

はやく忘れたい。 でもどうしても、きみと一緒に行った場所を不意に一人で訪れると、きみのことを思い出す。 きみに言われた言葉や、きみと一緒にしたこと、泣いたことや笑ったこと、それらをどっと思い出す。 きみは朝が弱かった。 誰よりも強かった。 きみ…

回想

いつもいたのに、隣にきみがいないのがひどくへんな気分だ。 きみが隣にいる時、世界はきみを中心に回っているように見えた。 どこに行っても、きみがすべてで予測不能だった。 今日はどんな新しいことが起こるのだろうと、ワクワクした。ワクワクして、明日…

エモい

自分一人で、なんとなくモヤモヤと答えが出なくて苦しんだことや、なんとなくこの感じ、とふわっと思ってきた事に、ぴったり合う言葉が見つかった時、スッキリするとともに悲しくもなる。 モヤモヤも悩みも、削ぎ落とされた概念だけが残る感じ。 必要なかっ…

大阪と東京のファッションについて

ここ最近、絶え間なく東京と大阪を行き来する生活を送っていた。 どちらも好きだ。 どちらも都会だけど、大阪の方がまだゴミゴミしていなくて余裕がある。 そして、女の子のファッションも大阪の方がカジュアルな気がする。 大阪での生活圏が若い層が多いか…

おいしいと思うものがなくなった

世の中にある食べ物は、大体美味しいと思う。 松屋だって、すき家も富士そばも、美味しい。 でも、以前感じていたような衝撃はなくなりつつある。 はじめて、ロイズのポテトチップスにチョコがかかっているお菓子を食べた時、世の中にはこんなに美味しい物が…

あおい

髭男dismというバンドを最近知って、好きになった。 高校の時、RADWIMPSやWEAVERを好きになってうたまっぷで歌詞を検索して模写してた時みたいな、そんな好きでなんだか照れくさい。 とくにpretenderという最新の曲なんて息がつまるほどせつなくてほんとうに…

好きなひとの役に立ちたい

好きなひとが、この数年で増えた。 学生時代お世話になった人、新卒の時にお世話になった人、そして、直近でお世話になった人、そういう人たちの役に立ちたいと思う。 そういう人たちにお願いされたり、頼られたりするのはすごく嬉しい。 頑張らなくてはなと…

そろそろエグい問題を直視しなくてはいけない

エグいフィクションや、ノンフィクションも含めてテキストで読むのが好きである。 たぶん根底には、世の中の残酷さとかヤバさとか、そういうものを、ふつうに暮らしていたら忘れてしまいそうだからその危機感があるのだと思う。 でも、映像で見るのはだめだ…

自分の課題でなくなったら途端に関心がなくなる

昔からそうだった。いつだって、解決したいと思うことに対する熱量は高く必死になれた。 例えば、理不尽な教師に苦労させられている時は日本の教育を変えたいと思っていた。 自分が田舎にいる時は、もっと地方創生に力を入れたいと思っていた。 でも、中学校…

誰に伝えたい?

例えば、何かすごく嬉しいことがあった時、 誰に伝えたいか? 伝えたいと思う人を、心の中で出来るだけたくさんもっていたい。 大好きな人、恩返ししたい人、立派になったら会いに行きたい人。 きっといつか、お返しします。

見えるもの

今の私の視点では、見えないものが沢山あるのだろうなと思う。 私が昔いた組織も、上がバカなんじゃなくて考え尽くされて最適化していたということなのだろうか。 それからあいつが言っていることは、ある人の受け売りでしかないししかもおそらく間違って解…