備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

もう美人にはなれない私はどうすべきか

表題のとおりである。

自分を卑下して楽しんでいるわけでも、誰かに慰めてほしいわけでもない。

 

私は誰もがうらやむような美人ではない。

これは、もう生まれつきの顔かたちのつくりの問題だ。

 

別に親が憎いとか、自分の顔がキライなどとはこれっぽっちも思っていない。

自分の容姿には、それなりに愛着もある。

 

私が言いたいことは2つで、

もう美人にはなれない私に、もっと付加価値を付けていきたい、ということと、

美人ではなくても、私らしい、私なりにいろいろなことを経験して、考えたからこそ生まれる覚悟をにおわせる顔?表情?を身に着けたいのだ。

 

誰しもが、その人にしかもちえない美しさをもっていると信じているし、

人の魅力というのは、顔かたちだけではなく

その人の考えや、話し方や、手先のうつくしさ、そして醸し出す雰囲気と、あらゆる要素の集合体なのだとそう思っている。

 

付加価値とは何なのかと問われたら、そういったことすべてだ。

 

そんなことを思った木曜日だった。