読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

結婚とは二人分の人生を生きるということなのか

 

またもや、

結婚の是非について考える機会があった。

 

私はべつに人生に結婚は必要ないと思っている。

詳しく言うと、必要に迫られた結婚は必要ないかと。

老後のために、とか独りで死なないために、そんな理由で妥協して結婚するのはばかばかしいと思う。

 

じゃあ、どんな理由であれば結婚するのか。

いろいろ考えたが、一旦出た結論が「二人分の人生を生きることができることによって、人生の密度が高まる」場合は結婚という選択肢もありなのかなと思う。

 

人生の密度である。

 

人生の密度とは、充実度?みたいなものだ。

 

独りではいけないような、思いもよらないような場所や、出来事、人、そういったものに、配偶者がいることでリーチできるのなら。

 

・・・でも、これは別に結婚しなくてもよいのではないかと今思い始めた。

やはり、分からん。