備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

本でも食中毒を起こすことがある

 

ついさっき、本の食中毒になった。

 

というのも、今の精神状態と相まって読んだ後に何故かすっごい泣いた。

別に、泣ける本だったわけではない。

読んだ本は、池澤夏樹のスティル・ライフなんだけれども、別に泣けるポイントはなかった。

 

この本に関しては、消化不良なので感想をここで述べることは控えておくが、

ある精神状態において変な作用を起こす種の本というものがあるらしい。

 

だから別に食中毒ではないか。どちらかというと食べ合わせが悪くて腹を壊したという方に近いか。

 

これを上手く使って、自分のテンションをコントロールできたらいいと思う。