読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

大学は必要だったのかという疑問

 

あと2ヶ月後に卒業を迎える。

大学は私の人生において必要だったのだろうか。

 

答えはイエスだ。必要だった。

大学はただのモラトリアム期間だ。

暇だったから、世の中について考えたり、自分のこれから進むべき道について悩んだり、正しい事ってなんだろうと思いを巡らすことができた。

 

逆に言えば、それだけの価値しかなかった。

人生のスキマである。

 

だから、別に大学に行く必要はなかったのかもしれない。大学の授業料などかかった総額800万円あまりを使って、起業するとか、世界一周するとか、小説を書くとか。

そういうことをするでも良かったのかも知れない。

 

でもまあ、まもなく卒業するわけだしそんなことを言っても仕方がない。

ほんとうに他の選択肢ではなく大学に入学したという選択に、後悔がないのかと問われれば、まだ100%でイエスとは言えないが、これを大正解にしていくかどうかは、これからである。