読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

相手の一面を見ただけで、相手の事をすべて知った気になっている件と他人の時間を惜しまなくてはいけない件

相手の一面を見ただけで、相手の事をすべて知った気になっている件と他人の時間を惜しまなくてはいけない件について

 

どちらも誰しもやってしまいがちなことである。

私も。

 

まず1つ目の件であるが

例えば、初めて会った時無口で不愛想な人がいたとする。ほとんどの人は、この人無口で不愛想なんだな、と思うであろう。

しかし、果たしてそれは真実であろうか。たまたま彼はその日3年に1回くるくらいの体調が悪い日だったのかもしれないし、5年付き合った彼女に振られた翌日だったのかもしれない。

分かった気になるなと。

 

これは極端な例であるけれど、似たようなことはどこかしこに転がっている。

私だって、よく誤解される。

まあ、さいきんは他人の判断基準に左右されなくなってきたので、別に良いが。

目の前のその人を自分のカテゴリーに入れて、それ以上見ないようにするのはなんというかすごくもったいないと思うのだ。

人間にカテゴリーなんてなくて、その人はひとりしかいない。

唯一無二十人十色

カテゴリーに入れるというのはすなわち、その人をもっと知れるチャンスを逃すことに等しいと思うのだ。一人の人を深く知るには、ものすごく時間がかかる。

また、どんなに時間をかけても知れるのはその人のほんの一部だということを決して忘れてはいけない。決して。一人の人間を知っていると思うのは、奢りでしかないと思う。

 

最近、1年ちょっとかけて1人の人を好きになったのだが、そのことから多くを学んだ。

 

 

そしてもう一つ、時間の件。

これはついついやってしまいがちだ。しかし、他人の時間を割くということにもっと危機感をもたなくてはいけない。

例えば、あの人は私との約束のために大事な予定をキャンセルしたのかもしれない。

これは私もけっこう当事者になったことがあって、あの人との約束のためにあれを断ったけどまさかのドタキャンみたいなことが結構ある。

 これはハッキリ言って最低最悪だ。もうそいつのことが心からキライになる。

 

これを回避するためには、そうだな。

できない約束はしないことだ。

 

もっと清くよく生きていきたいと思った今日であった。