読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

トイレで死について考える

 

さいきん胃腸がめっきり弱くなってしまい、頻繁にお腹をこわすようになった。

以前は、少々賞味期限の切れた乳製品を食べても平気だったのに、最近ときたら。

すぐにトイレに駆け込んでしまう。

悲しい限りだ。これが老いというものなのだ。

 

トイレではよく死について考えてしまう。

もちろんお腹が痛い極限状態の時は、何も考えられないが、極限を過ぎて少し余裕が出てくると、頭をよぎるのは死だ。

 

自分はどうやって死ぬのか。

死ぬまで、どういう風に生きていくのか。

幸せなのか。理想の死に方は、あれだ。

前にテレビでみた笑い死にした人。

確か、笑いが止まらなくなって窒息死してしまったのだ。苦しいだろうか。

でも、いちばん幸せなんじゃないかと思う。

 

精一杯生きて、おばあさんになって

病院のベッドの上で、誰か大切な人の一言がおかしくて、笑いすぎてそのまま死んでしまえたら幸せだ。

と、そこまで考えた。

トイレというのはナイーブになるからダメだ。