読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

これからどんな人になっていきたいのか

 

最近、いろいろな事を考えた。

私は今までの人生で何を捨て、何を拾ってきたのか。

正確に言えば、大学生活で何を捨てたのか。

高校生までは、おそらく何も捨ててはいなかった。来るものはすべて受け入れ、去る者は追った。

人から良く思われたいとかは、まあ思ってはいたけれど、そのために死ぬほど見栄を張ったりはしていなかった。まっすぐだった。

 

しかし、大学生となり見栄を張ることしかしなくなった。スゴイと思われたい、羨ましがられたい。すべての行動の根底には、その醜い思いがあったし、それがすべての原動力であった。

そしていつからかその思いは、複雑に進化し、私が憧れている人だけにスゴイとか良いと思われればいいと思うようになった。

 他人の価値観の中で生きたくない。自分でいいじゃないか。自分が良いと思う事をすればいいじゃないか。

 

もうこれ以上、見栄を張ったり嘘をついたりはしたくない。好きな人にどう好かれるかではなく、好きな人を好きでいて、その人のために何かできることはないかを考えたい。

他人と自分。その関係をあくまで冷静に。冷めた目で見ていきたい。

 

じゃあそのうえで、どういうスタンスで他人と関わっていこうか。

今までは大半の興味が持てない他人、知り合い含む、には最低限の省エネで。

自分を褒めてくれたり、良い気持ちにさせてくれる他人に対してはやさしく常にマウンティング。

話していて勉強になる人には等身大で。

目上の人や、好きな人には媚びへつらって。

いきてきた。

最低だ。自分の意地汚さにヘドが出る。

なんかもう、こんなのはやめたい。

 

いろいろ問題はあるが、ひとつめの問題は大半の他人に興味がもてないということだ。

だから、深く関わろうとそもそも思わない。

どんな人間からでも、学ぼうと思えば学べることはたくさんあるし、もしそれができないのだとしたら、私の対人能力や汲み取る能力に欠陥があるからに過ぎない。

そして、マウンティング。

年下や、自分の専門分野外の友人にはマウンティングしてしまうのだ。つねに。病的なほどに。

自分なんてしょうもない人間だし、知らないことだらけだ、という気持ちと、私は21女としては結構ものを知っている方じゃないのか、という矛盾したふたつの自意識が拮抗している。

 

謙虚でいたいと思う。偉そうなやつは嫌いだ。

でも、私が与えられるものがあるのならば与えたい。

どうすればいいか。

結論は、相手の立場に立つということだろうか。

 

誰かに好かれるために、じゃなくてその人の事が好きだから、私にできることをしていきたい。私と関わってくれてありがとう、という気持ちで、恩を返すつもりで、関わっていきたい。はっきりとした結論はまだ、出ない。