備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

好きなことって

お金もらってないけどやっちゃう。

そんな、めっちゃ好きなことってなんだろうかと。

 

昔を振り返ると、小学生とかのときは「図工」が好きだった。

何かを作ったり、絵を書いたりとかそんな。

服とか、おもちゃとか秘密基地とか、テーマパークまで全部じぶんたちで作っていた。

学校の図工の時間では、「この世に存在しない花」の絵とか斬新な技法を使った絵とか。それはまあまあクリエイティブな子供だったと思う。

 

どうしてあんなに次々とアイデアが浮かんだのだろうか。今となっては不思議である。

 

当時は文章を書くことも好きであった。

小説や作文をよく書いていた。

あの頃は、伝えたいことがたくさんあったのだろう。たとえ取るに足らないことであったとしても。

 

そして、歌。

地味に歌はものすごく好きであった。家でもよく歌っていた。

当時、めちゃくちゃこわい、もうほぼキチガイみたいな音楽の先生がいたのだが、

そんな過酷な環境でも歌を歌える音楽の授業が実は好きであった。

懐かしい。音楽は力だった。もうほぼ、生きるすべであった。

 

今となっては、当時と比べたらなんと生ぬるいなかで生きていることか。

辛いことなんてほとんどないし、誰かに死ぬほど否定されることもない。

 

ノスタルジー。

 

というわけで、歌とものづくりと文章という、今から就く職業とは全く違うものであるが。何かしら通ずるものはある気がする。

なにはともあれ頑張ってみる。