読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

さみしくなりたい

きみの言い訳は最高の芸術というエッセイを読み返している。

 

さみしくなりたい。という章を読んで

 

わたしはどうなんだろう。

他人と、深い関係を築きたいのだろうか。

他人を自分の沼に引きずり込み、自分も他人の沼に溺れたいのだろうか。(この、沼に溺れる、という表現がしっくりくる)

否か。

 

答えは、溺れたい。

 

ずっとそうだった。

誰かと深い関係を築いて、痛みや苦しみや、ハッピーも、いろいろな強烈な感情を、その温度のままに共有したい。

目の前を通り過ぎてゆく、変なおじさんや、最近のニュースや、経済や、話題のwebサービスや、そんな話ではなくて。

もっと、それらに付随する、自分の価値観やその価値観の背景や、気持ちや、トラウマや、そんなことを話したいのだ。

 

ただ、それを実行するにはこわさももちろんある。

自分をさらけ出すのはこわいことだ。

いや、ちょっとちがう。

さらけ出すって何を。って話だ。

 

まだまだ、さらけ出すほどの中身がつまっていなくて、スカスカだということがバレるのがこわいのだ。きっとそうだ。

 

スカスカじゃなくなるためには、どうすればよいのか。ずっとチャレンジしている。