備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

二十歳を過ぎたら、親の前で泣くんじゃない

昔から、あまり泣かない子どもだったと思う。

物心ついてから、あまりひどく泣いた記憶はない。

感情に振り回されるのが面倒くさかったのだと思う。

誰かを好きになって振られたり、一生懸命頑張って失敗したり、そういうこと全部、面倒くさい。

そうやって省エネで生きてきた。

けれど最近、思わず泣いてしまったことが4、5回あった。

もう社会は私を許してはくれない。

そして、親にはもう頼れないなと思う。

私は私の辛さや苦しみを、自分の中で完結させなくてはいけない。