備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

恋愛するなら命を燃やせ

先日、ゼミで恋や愛に溺れるのは負けなのか勝ちなのか?という議論をした。

 

私は思う。恋愛をするか、しないかは個人の自由であるがするなら本気でするべきだと。

命を燃やせと。

 

それが一つの生きる意味であるからだ。

 

考えてもみてほしい。

人はなんのために生きているのか。答えは、生きるためである。

まったく答えになっていない。

 

究極、生きる意味はないのだと思う。

生きるというのは、ムダな穴を掘るようなものだ。この間、どこかの国の企業がクラウドファンディングで「ムダな穴」を掘るために資金を集めて、実際にかなりの額が集まっていたが、あれと全く同じ話である。

 

人は生きるために生きているのであって、べつに生きなくても良いのだ。

 

それでも生きているのだから、全力で全身で生きなくては意味がない。

 

そんな吹けば飛ぶような人生で、誰かを精一杯好きになって、天にも昇るほど幸せな気持ちになったり、傷ついて絶望したりするのは、何というかすごく意味のあることだ。

穴を掘ることよりも意味がある。

 

空っぽの人生に1を足す行為だと思う。