備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

誰かの価値観の中で生きるのはもう辞めた

 

 年末の振り返りを書く前に、ひとつ思ったことがあったので。

 

例えば、誰かがきみって愛嬌がないよねーなどと言ったとする。

完全なるdisりである。しかし、これはその人の過去の経験などから培ってきた

他人をカテゴリー分けする基準の中の「愛嬌のない人」のカテゴリーにたまたま合っていたというわけだ。

 

所詮、他人の価値観である。

 

私は今まで、他人がどう思うかを最重要視してきた。無意識のうちに。

人に好かれたい。あがめられたい。羨ましがられたい。

そんなあさましい気持ちが原動力な部分があった。

 

でも、金輪際、それはやめよう。自分のぶれない軸をつくろう。

そのために、客観的な事実だけに目を向けよう。

誰かが私のことをどう思った、ということに関して

大切にしたいと思う人以外のものはひとつの基準として、データとして懐に仕舞おう。

 

大事じゃない人の判断に踊らされることはない。