備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

笑い上戸な人たち

 

母方の親族はみんなゲラである。

なんでもないことで大笑いする。

 

笑われるのは気持ちの良いことだ。

自分が言った、何気ないひとことや、はたまた渾身のひとことで、大笑いが起こったら快感だ。

 

少しでも笑えそうなものは、絶対に見逃さないぞという目で世の中をみている。

そして、面白かったことは、その温度のままシェアする。

 

笑いの沸点が低いことは、きっと良いことだ。