備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

心の土壌

時期によって、よく考えることや思い悩むことは変化する。

たとえば大学の頃は、自分の性格とか、友だちが少ないこととか、

高校の頃は容姿とか、ちょっと脚が太いこととか。

そんなことを本気で悩んで、考えて、辛くなっていた。

 

当時はそれしか見えなくて、もう、ああってなってたりもしたんだけど、ちょっと経った今現在、これらの悩みがほぼほぼ消滅してしまっているから不思議だ。

容姿なんて変わらないし、友だちが急に300人増えたわけでもない。

 

ふしぎだ。

性格を詮索されることに対する嫌悪感

どうも嫌なのだ。

あなたって〇〇な人だよね。

や、もしかしてあなたって〇〇?(優柔不断とか、話すの苦手とか)

 

世の中には、こうも、他人にレッテルを貼ってしまっておきたい人種がいるようなのだ。

人の性格なんて、ちゃちな言葉ひとつで表現できるほど単純ではないと思うのだ。

 

 

別に良い。

大事でない人にどう思われても構わないのだけれど。

人生の軸となるもの

生きていく意味を見つけたい。

何の為なのか。人生とは。

 

何もかもみんな全部あんたにあげる。

このあんた、を。

 

別に人でなくてもいいのだ。

自分の人生を振り切っても良い何かを手に入れたい。

 

でないと、フラフラしてしょうがないと思う。

最近の変化

最近仕事を始めて、変化したこと。

自身をネタにできるようになった。

ヘンなプライドは捨てた。

どんな人に対しても、自分をさらけ出せるようになった。

根拠のない自信がもてるようになった。

一方で、今まで積み重ねてきたものを全部投げ捨てた。

 

気付いたら、投げ捨てていた。

 

たった22年間の人生で、何も成し遂げていないし、きめられたことなんて何もないし、変えられないことなんてなにもないのだ。

 

今まで、いろいろと考えすぎていたのかもしれない。

世の中にはいろんな人がいる。

 

そして、みんな同じようなことをして、同じようなことに感動したりはしゃいだりして生きている。

 

暇をつぶしながら生きているのだ。

孤独に食べるからこそor誰かと食べるからこそ

 

世の中には、孤独に食べるからこそ美味しいものと、誰かと食べるからこそ美味しいものがある。

 

例えば、カロリーの高いコンビニ弁当なんかはひとりでがつがつと食べたい。

ただカロリーを摂取することだけに集中して、もう本能のままに、ひどい顔をしてたったひとりの部屋で食べたい。

 

反対に、おしゃれなイタリアンなどは誰かと一緒に食べたい。

フォークとナイフを行儀よく使って、上品に見えるように気をつけて食べたい。

それだからこそ美味しい。

 

どちらの食事も好きである。

ただ、前者のような食事ばかりだと心が荒むし、後者の食事ばかりだと気持ちが休まらない。

 

バランスが大切である。

 

心の底からの望みって何だろう

好きな人と働きたい。

イケてる人と働きたい。

好かれたい。君がいるから、と言われたい。

 

誰かを喜ばせたい。

家族を幸せにしたい。

 

君といるとラクだわ、って言われたい。

君がいてよかったわ、って言われたい。

 

必要とされたい。

面白いねって思われたい。

 

勇気のある人になりたい。

感謝されたい。誰かを全身で、愛したい。

 

誰かの大切な人になりたい。

 

嘘をつかずに生きていきたい。 

気持ちが落ち込むことなく生きていきたい。

 

と思う22歳。

他人に興味がわかない時期

が定期的にやってくる。

というか、四六時中他人に興味津々な人間なんているのだろうか。

 

みんな、自分のことに精一杯で、例に漏れず私も自分のことに精一杯である。

相手によく思われたい、とかカワイイやつだと思われたい。面白いやつだと思われたい。

みたいな醜い思いばかりがドロドロと渦巻いている。

 

だから、誰かと話しているとき、そいつの話なんて半分しか聞いていない。

次に何を話そうか、どんな質問をしたら「あ、こいつ出来るやつだな」と思われるだろうか。こんなことを聞いたらバカだと思われないだろうか。

 

こんなのは嫌だな。何も自分がよく思われるためだけにその人と話しているわけではないのに。

 

どうすればいいだろうか。

一つ思いついたのだが、常に「目の前のこの人を楽しませよう」という意識をもてばいいんじゃなかろうか。

ただ、気をつけなくてはいけないのは「私と話していて楽しいと思ってもらう」のではなく、ただ純粋にそいつのハッピーを達成するために務めるということだ。

下心のあるコミュニケーションは常にバレる。

 

私はいらない。

こいつが楽しければそれでいいのだ。

 

というスタンスを大切にしたい。