備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

音楽について

音楽について、聞いた時のイメージや記憶を引きずる。

 

beatlesのall my loving

across the universeというミュージカル映画の中で初めて聞いた。

バックには海鳥の鳴く声、別れのキス。

これは愛のうただけれど、私はこの曲をきくたびにいつも寂しくなってしまう。

どうも潮と別れの匂いがする。

 

椎名林檎のシドと白昼夢、

初めて聞いたのは、高校生の頃

自分の小さな部屋で受験勉強をしながらソニーウォークマンだった。

まだ恋をしたこともなかったけれど、殺されてもいいと思うくらいの誰かがこの世にはいるのだろうと思った。

 

bumpの目の前のドアをくぐれたら

人生でいちばん辛い中学生の時期であった。

早く次のドアにたどり着きたかった。

 

依頼のこと

お願いをする、というのは自分の身を削る行為である。

今まで培ってきたものや、例えば培ってきたものが0であれば

先の信頼を前借り。

 

そうやって身を削り合って世の中は回っている。

逃げ

自分は悪い人間だ、と言うのは

自分は良い人間だ、と言うのよりも何倍も楽だ。みたいなことを、坂口安吾が言っていた。

 

まさしく、

自分を卑下するのは気持ちが良いのだ。

私が、誰かにマウントをとられたりエラそうにされたりしても気にならないのは、

楽だからである。

 

例えば、自分が誰かに対して

エラそうなことを言ったり、マウントをとると大きな責任が生じる。

しょうもない奴は、それに気付かずやるんだけども。

私は、その責任が取れないと分かっているから

マウントを取ったりしない、すぐに僕に成り下がるのだ。

何も謙虚だとか、心が広いなんてことはない。

情けないと思う。

どうすればいい。

問い続けること

雑務に忙殺されると、

問うことを忘れてしまう。なぜなのか。

全てのことが。

 

学生の時は、何もなかったからこそ

目の前の現実に問い掛けるしかなかった。

私とは何なのか。何のために生きているのか。

 

ゴールはどこにあるのか。

明日、何をすれば良いのか。

 

会社や社会から、ミッションを与えられると

途端に問うことを辞めてしまった。

 

ゴールを信じて、進むことは楽である。

楽であるし、楽しい。

 

ただ、それだけじゃだめなのだ。

問い続け、反発しなくてはいけない。

 

パクチーとコーヒーとビートルズ

 

はじめは見栄だった。

コーヒーをブラックで飲めたら大人だし、ビートルズが好きなんてちょっとそのへんの女の子じゃない感あるし、パクチーが好きなんておしゃれだ。
高校生のとき、コーヒーに砂糖を入れるのをやめ、ウォークマンには家にあった古いビートルズのアルバムを入れた。

パクチーは割と最近。

見栄こそすべての原動力であり、生きている意味な気がする。
むなしいことか。

今では、心の底からビートルズの音楽も、ブラックコーヒーも、パクチーも大好きだ。
好きになろうと思わなきゃ、好きになれないのかも。
執着しようと思わなくちゃ、まっしろなままだ。

なぜみんな

なぜ、世の中の人というのは自分以外の人間をすぐにカテゴリーわけしたがるのか。

 

自分の目に見えている他人のたった一部だけをみて判断を下しすぎである。

ある人間に見えている、人間とは

そのひとの主観というフィルターもかかったうえでのほんとうに一面でしかないと思う。

 

 

なぜ判断したがるのか、少ない情報で自分の引き出しに入れてしまいたがるのか。

 

もったいないなと思う。

空き容量

昨日、携帯の空き容量がなくなったからか、動作が激鈍くなった。

ついには、使っていないアプリやLINEのトーク履歴が勝手に削除され始めたので、

慌てていちばん容量を食っている写真データをバックアップしたのちに全て消去した。

 

携帯にも人生にも、空き容量が必要なのだ。

いっぱいになると身動きできなくなって自滅してしまう。

 

必要なものだけで良いのだ。