読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘

日々思ったこととか、学んだことをアウトプットしていく

心の風景

誰しも、

初めて来た場所や、行ったことのない映画やTV番組で出てきた場所などを「なつかしい」「むかし来たことがあるような気がする」

と思ったことがあるのではないだろうか。

 

あの感覚は、何なのだろうか。

 

さいきんよくあるのだ。

それも、映画やアニメといった完全にファンタジーの世界にも感じるので、これは完全に嘘である。むかし行った場所に似ている、とかそんなとこだろうと思うが。

 

これは何かと考えた時に、スピリチュアルな話だけどやっぱり先祖の記憶かな、と思う。

まず、私は文系なのでよく知らないが、私たちの体にはきっと親とか祖父母とかの細胞的なものが入っているのではないかと思う。真偽のほどは知らんけど。

 

だから、脳細胞とかにも薄くではあるが遠い先祖の細胞とかが紛れ込んでいて、それが私の記憶の一部になるのだろう。

 

だから、知らない風景に既視感を感じたりするのだ。面白い話だとは思わないか。